ホワイトニング

審美歯科の分野では、
歯を白くする意味で用いられる用語がホワイトニングである。

歯科におけるホワイトニングとは・・・。
審美歯科の一分野であり、
広義の意味では歯を白くする事の全てを指す。

狭義の意味ではブリーチング(歯牙漂白)の事を指し、
現在一般に使用されているホワイトニングは
このブリーチングの事を指す事が多い。

インプラント

「インプラント」とは---


歯を失くした所にチタンの人口歯根を埋入し、
人工歯(上部構造)をとりつけて、
見た目と機能を回復する治療法の事を「インプラント」と言う。

入れ歯と違い、天然歯の様に固定される為、
噛み心地も見た目も自然で快適と言われている。


---インプラントの特徴---
■隣接する歯を削る必要がない。
■自然な歯の様な機能や外観、感覚が得られる 。
■天然歯のように丈夫で噛み易い。
■自信を持って話し、笑い、食べる事が出来る。

インプラントの流れ
まずはカウンセリング
→オペ
→仮歯の調整と上部構造の作成
→メンテナンス

審美歯科

審美歯科とは

美しさに焦点を当てた、総合的な歯科医療分野の事を審美歯科と言う。


★☆★☆概要★☆★☆

歯には機能的な側面と、審美的な側面があり、
ともに健康に関しては重要な要素である。

しかし、健康保険制度での治療は、
機能的な歯科治療に偏重しがちであり、
審美歯科的な治療を行うには限界がある。

日本歯科審美学会では歯科審美学を次の様に定義している。

「歯科審美学とは、顎口腔における
形態美・色彩美・機能美の調和を図り、
人々の幸福に貢献する歯科医療の為の教育及び
学習に関する学問体系である。」

審美歯科の具体的内容は、歯列矯正、
オールセラミック、ホワイトニング、セルコン、
その他特殊材質による人工歯等。

予防歯科

虫歯,、歯周病の予防を目的とした専門外来の事を指す。

最近では、単に病気にならないようにすると言うだけでなく、
病気の進行に応じた処置も含め、
病気の各段階から健康レベルに戻そうとする全ての行為の事を
予防歯科と呼ぶ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今まで歯科医院は、歯が痛くなってから行くものでした。
しかし、虫歯になってから、歯を失ってからでは手遅れです。

また、歯周病で溶けた顎の骨は元に戻りません。
その為、最近では歯が悪くならないように
予防して行く事が重要になって来ました。

治療する前に予防する事が、大事なのです。

世界で一番予防が進んでいるスウェーデンでは、
歯科の定期検診受診率が大人で80%以上あり、
子供に関しては100%近くが定期検診を受けています。

他の先進諸国でも約70%ほどの受診率が一般的です。
先進国ではこの様に歯科に対する関心が高いのに対し、
日本では10%以下の定期検診受診率なのです。

治療法

歯科治療は以下のようなものがあります。

☆一般歯科(虫歯、歯周病治療など)
☆予防歯科
☆審美歯科(ホワイトニング、セラミック治療など)
☆矯正歯科
☆インプラント
☆レーザー治療
☆入れ歯
☆口臭治療
☆歯周病
☆マウスピース

上記をちょっとずつ調べた分、簡単ですが説明します。

まずは【一般歯科】から・・・


一般歯科とは、小児歯科、口腔外科、矯正歯科等の
特殊な歯科治療以外の虫歯治療や、義歯の作成、歯周病の治療等、
通常患者様が歯科医院に通院した際に受ける治療の事をさす。
その治療の殆どが保険の範囲内で行なわれる治療が多い事から、
保険診療=一般歯科、と言われる事もある。

但し、保険制度の制約がある為、同じ治療法でも、
治療に使用する材料等の違いによって、
保険診療外になる場合も有る。

治療を受ける前に、どの様な治療法があるのか、
また、保険が使えない場合の費用等、
担当医に確認。


【審美歯科】インプラント

失った歯のかわりに、新しい人工の歯を植立する治療法がインプラント。

ただ「噛む」機能を回復するだけのインプラントではなく、
周りの歯とのバランスや調和など、
お口全体の美的な側面にまで配慮して行われるのが、
審美的なインプラントです。

*********************************

インプラント(Dental Implant)の場合は、歯の土台となる顎の骨に、
歯根にあたるパーツ(フィクスチャー)を埋めて固定させます。
そして、人工の歯根に人工の歯冠(歯にあたる部分)を取り付けて、完成です。

天然の歯と同様の構造でつくられているので、
自然で綺麗に歯を回復出来ます。

また、天然の歯と同様の支えとなる「根」があるので、
固いものを噛んでも、歯を食いしばっても平気です。

人口の歯の根が、顎の骨と密接に固定されるので、
天然の歯のようなしっかり噛める「歯」を回復する事が出来る治療法なのです。

3Mix-MP法

最近良く見る(耳にする)治療法です。

********************************************************

3Mix-MP法は病巣を取り除かずに殺菌して自然修復を促すのが特徴。
軟化象牙質や感染した歯髄も出来るだけ削ったり抜いたりしないで残す。
代わりにメトロニダゾール、ミノサイクリン、シプロフロキサシンという
3種類の抗菌剤を調合して虫歯の穴に置き、そのまま穴をふさぐ。

こうするだけで抗菌剤が歯の隅々に浸透して歯髄を含む歯全体を無菌化。
ほとんどの場合、1回の治療で虫歯の痛みはなくなり進行も止まる。
大きく削ったり歯髄を抜いたりすることによるトラブルがない上、
削らずに残した軟化象牙質もカルシウムが沈着するなどして再び硬くなるという。

*******************************************************

現在までに安全性、有効性等は確かめられていない。